若気の至りでかかってしまった性病を克服し、充実した婚活を楽しんでいる30代独身OL「みゆゆ」の体験記。

梅毒の特徴と症状


外陰部にできる大豆の大きさの痛みの無い硬いしこりに要注意!

梅毒の特徴

梅毒は、梅毒トレポネーマによって感染・発症する感染症です。性行為やオーラルセックスで感染するだけではなく、母子感染や輸血血液を媒介とする感染もあります。

→ 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

梅毒は症状の進行によって第1期から第4期に分類されます。第1期の症状は、痛みの無いしこりなど比較的軽微ですが、第4期になると、多くの臓器に潰瘍が出来たり、脳や脊髄や神経が侵されて死に至ることもあります。現代では、抗生物質が発達しており、第3期や第4期にまで進行して死に至ることは稀になっています。

梅毒の症状・治療法

第1期の症状は、外陰部に大豆くらいの大きさの痛みの無い硬いしこりが出来ます。第2期になると、全身のリンパ節が腫れ、発熱、倦怠感、関節痛などの症状に加えて、梅毒特有のバラ疹と呼ばれる全身性発疹が出来ます。第3期になると皮膚や筋肉、骨などにゴムのような腫瘍(ゴム腫)が出来、第4期になると多くの臓器に腫瘍が発生したり、脳、脊髄、神経が侵され、死に至ります。

梅毒の治療は、ペニシリンなどの抗生物質が使われます。早期に発見するほどに治療も早く終わるので、早期発見・早期治療が大切です。

梅毒の潜伏期間

1週間~13週間

検査項目で選ぶ性病検査

↓ (クリック) ↓       ↓ (クリック) ↓       ↓ (クリック) ↓


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0