若気の至りでかかってしまった性病を克服し、充実した婚活を楽しんでいる30代独身OL「みゆゆ」の体験記。

もしやと思ったらすぐ性病検査を!

病院での検査

女性の場合は、性病検査は主に婦人科で行います。病院での性病検査は、専門の医師が検査・治療をするので、安全・安心で確実です。性病検査は保険適用外で全額自己負担になりますが、病院によっては保険適用になる場合もあり、その場合は3割負担で済みます。

→ 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

検査料は全額自己負担で1万円前後必要になりますが、通常の場合、複数の性病の検査を行うことが多く、数万円の出費になることもあります。

とにかく、検査料を安く抑えたい時は保健所で検査をするという方法もあります。保健所での性病検査は匿名で行うことが出来、しかも検査料が無料の場合が多いようです。しかし、すべての性病の検査を行なっている訳ではなく、事前の確認をしておいた方がいいと思います。

性病検査キットによる検査

初めてのことなので病院での性病検査に強い抵抗感がある、毎日忙しくて病院に行っている暇が無いなどの場合、インターネットで性病検査キットを購入して自宅で検査する方法があります。みゆゆも最初は性病検査キットで検査をしました。検査は匿名で受けることが出来るし、結果はインターネットで確認をするので、プライバシー面での配慮も万全です。保険適用が無いので全額自己負担になります。結果が出るまでに1週間前後かかります。

以下、性病検査キットによる具体的な検査方法です。

(1)インターネットで性病検査キットを購入

インターネット上には様々な性病検査キットが売られているので、自分が調べたい性病の検査が出来る自宅検査キットを購入します。支払いはクレジットカード払い、コンビニ支払い、代引きなどがあります。

(2)性病検査キットの到着

封筒やダンボールなどに入れられた性病検査キットが自宅に届きます。中身が分からないようになっているので、家族がいても誰にも知られずに検査をすることが出来ます。

(3)自宅で性病検査を行う(検体の採取)

淋菌検査・クラミジア検査・トリコモナス検査・カンジダ検査などの場合、綿棒などの器具を膣内に挿入して、膣内の分泌液を採取し、専用のケースに納めて完了です。

採血の場合は、痛みが少ないように工夫がされています。指から出た血液をろ紙に染み込ませて完了です。

(4)検査後に返送

採取した検体を指定された送付先に送ります。国の認可を受けた登録衛生検査所で臨床検査技師によって検査が行われるので、結果は病院で検査した場合と同等です。

(5)インターネットで検査結果をチェック

通常の場合、一週間程度で検査結果が出ます。自分で決めたIDとパスワードを使ってインターネットで結果を確認します。もし、検査結果が陽性の場合は、出来るだけ早く病院に行って、治療を始めましょう。

検査項目で選ぶ性病検査

↓ (クリック) ↓       ↓ (クリック) ↓       ↓ (クリック) ↓



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0