若気の至りでかかってしまった性病を克服し、充実した婚活を楽しんでいる30代独身OL「みゆゆ」の体験記。

HIV(エイズ)感染症の特徴と症状

HIV(エイズ)感染症の特徴

エイズは、後天性免疫不全症候群と言われ、HIV(ヒト免疫不全ウィルス)の感染で発病します。発病すると体の免疫力が働かなくなり、細菌、黴(カビ)、ウィルスなどによる感染症や神経障害、悪性腫瘍(ガン)などで死に至る場合があります。

→ 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

HIV(エイズ)感染症の症状・治療法

HIV(ヒト免疫不全ウィルス)に感染して2~3週間が過ぎると、発熱や喉の腫れなどインフルエンザによく似た症状が出ます。しかし、しばらくすると、それらの症状は収まります。これ以降、発病するまでの間は特にこれといった自覚症状はありません。

その後、HIV(エイズ)感染症が発病すると、下痢、発熱、リンパ節の腫れなどの症状が続き、更に症状が進行すると、体の免疫機能が極度に低下し、さまざまな感染症や悪性腫瘍(ガン)を多発するようになります。

残念ながら、現代の医療ではHIV(エイズ)感染症を完治させる決定的な治療方法は無く、HIV(エイズ)感染症の発病を遅らせたり、症状の進行を遅らせることがメインの治療になります。

HIV(エイズ)感染症の潜伏期間

初期症状は2~3週間
発症までは数年~10数年



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0