若気の至りでかかってしまった性病を克服し、充実した婚活を楽しんでいる30代独身OL「みゆゆ」の体験記。

淋菌感染症(淋病)の特徴と症状


おりものの増量、発熱、下腹部の痛みに要注意!

淋菌感染症(淋病)の特徴

淋菌感染症(淋病)は、淋菌の感染により起こる感染症です。淋菌は感染力が強く、1回のセックスで約30%程度が感染すると言われており、性器クラミジア感染症と同時に感染していることが多い。

→ 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

女性が淋菌感染症(淋病)に感染して症状が進むと子宮内膜炎、卵管炎などを引き起こし、不妊症の原因になることもあります。また、分娩時に母体が淋菌に感染していると新生児に感染して結膜炎を起こすことがあるので注意が必要です。

淋菌感染症(淋病)の症状・治療法

女性が淋菌感染症(淋病)に感染すると、初期のうちはおりものが増える程度で症状も比較的軽いが、症状が進むと発熱したり、下腹部が痛むことがあります。また、オーラルセックスにより咽頭炎を起こしたり、アナルセックスによって肛門直腸炎を起こすこともあります。

男性の場合は、性器クラミジア感染症の時と症状が似ており、尿からの白っぽい膿、排尿痛、尿道のかゆみや不快感などの自覚症状が出る場合があります。

淋菌感染症(淋病)の治療は、注射や内服薬を用いて行うことになりますが、淋菌は薬剤耐性を持ちやすいので、医師の指示通りに治療を行わなければなりません。

淋菌感染症(淋病)の潜伏期間

2日~2週間前後

検査項目で選ぶ性病検査

↓ (クリック) ↓       ↓ (クリック) ↓       ↓ (クリック) ↓


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0