若気の至りでかかってしまった性病を克服し、充実した婚活を楽しんでいる30代独身OL「みゆゆ」の体験記。

性行為感染症(STD)にまつわる誤解

性行為感染症(STD:Sexually Transmitted Diseases)とは、性行為によって感染する病気のことですが、その病原体には色んなものがあるんです。性行為感染症(STD)は、人と人との性的接触で伝染していくので、身の回りの環境をどんなに清潔に保っていても、その伝染を完全には抑えることは出来ないんです。

性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

近年の性行為感染症(STD)の増加は、複数のパートナーを持つ男女が増えたことや(モテる人はいいな)、オーラルセックスの一般化などよりも(みゆゆはしないけど)、性行為感染症(STD)に対する無自覚、性行為感染症(STD)に関する知識や認識の不足が主な原因だと言われているようですよ。

また、性行為感染症(STD)は、その病気によっては目立った症状が出ることがなく、本人達が気づかない間に、病気が慢性化したり、広く感染を広めてしまっていることもあるようです(おお、怖っ!)。

性行為感染症(STD)の予防法としては、双方の粘膜が接触しないように、性交の際にコンドームを正しく使用することが大切です。射精の時だけコンドームを使用しても、粘膜接触があれば性行為感染症(STD)に感染してしまうリスクがスゴク高くなるので注意が必要です。

セックスをしている人なら、その回数に関わらず、誰でも性行為感染症(STD)に感染することがあること、性行為感染症(STD)の予防にはコンドームの使用が効果的であるなど、性行為感染症(STD)に関する正しい知識と認識を持つことが大切であることなどをキモに銘じましょう。


検査項目で選ぶ性病検査

↓ (クリック) ↓       ↓ (クリック) ↓       ↓ (クリック) ↓



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0